ファイナル・レポート

EuroCIS 2018

欧州をリードするリテール技術展EuroCIS 2018が2月28日から3月1日の3日間、ドイツ・デュッセルドルフで開催されました。出展者数は29ヶ国・471社来場者はドイツ国内外から約12,000名を記録し、過去最大規模となりました。

来場者の2人にひとりがドイツ国外(89ヶ国)からのお客様で、非常に国際色豊かなメッセ(見本市)となりました。

リテール業界のトレンドを反映

チェックアウトシステムやPOSソフト・ハードウエアのような長年続くトピックのほか、EuroCIS 2018では何よりもまずIoT分野のソリューション、また拡張現実やバーチャルリアリティなどの新しいテーマも目立ちました。そのほか、至るところでロボットやAI(人工知能)などのトピックが見られました。

変化するビジター

他の多くの業界と同様、情報技術革新によりリテール業界でもその構造やプロセスに劇的な変化が起こっています。EuroCISはITやセキュリティ技術の意思決定者のための見本市というポジションから、マーケティングや販売、事業拡大や店舗デザイン、調達や物流の責任者が投資決定の準備として訪れる見本市へと変化しつつあります。各出展者、フォーラムの講演者がケーススタディやユーザーレビューを発表しているため、ITソリューションを実用的な観点から捉えることができると好評を得ています。

次回EuroCISは2019年2月19日から21日まで、デュッセルドルフで開催されます。